MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

フランス企業がヘンプからエネルギー生産へ

画像

画像:引用元

 

 

フランスのスタートアップ企業が、ヘンプのバイオマスを使用してエネルギーを生産する試験をまもなく開始し、2022年には本格的な生産を開始する予定です。

 

 

フランス北西部のル・マン近くのマレイユアン・シャンパーニュに拠点を置くスタートアップ企業 Qairos Energies は、バスや電車に電力を供給する燃料電池用の水素を製造すると発表しました。

 

 

この事業はまた、フランスの天然ガスの独占販売代理店であるガス・レゾー・ディストリビューション・フランス社にむけてメタンの生産も行います。

 

目次

ガス化

画像

画像:引用元

 

 

このガス化プロセスでは、ヘンプのバイオマスを粉砕し、高温に晒す事によって、水素、二酸化炭素、およびメタンに変換します。

 

 

Quairos社は、建設予定の生産施設の半径35 km以内で地元の大麻草を調達し、フェルミエ・ド・ルエ農業協同組合のメンバー150人にバイオマスの供給を委任すると発表し、同社のJean Foyer氏は、この夏後半に収穫予定の少量収穫物を使用し、工業化と開発プロセスを完了すると述べました。

 

画像

画像:引用元  写真右側 Jean Foyer氏

 

自動車エンジニアでもあるFoyer氏は、来年の目標は、2022年に地元の農家に350ヘクタール規模の栽培を行ってもらい、操業を開始させることだと述べました。

 

 

このプロジェクトで生産されたエネルギーは、水素輸送の高コストを抑えるために地元で使用されると説明しています。

 

スパーク

画像

画像:引用元

 

 

エネルギー生産事業のアイデアは、Foyer氏が地元の小規模なヘンプ生産者であるマガリー・ロデ氏と話したときに生まれました。

 

 

Quairos社への供給契約を結んだ最初の農家であるロデ氏は、ヘンプ畑を現在数ヘクタールから今後5年間で30ヘクタールに増やす計画を立てていると語りました。

 

画像

画像:引用元

 

 

フレンチ・ヘンプ・シンジケート(Syndicat Professionnel du Chanvre – SPC)は、最近リリースしたマニフェストのなかで、開発を推奨するセクターの1つとしてエネルギーを組み込んでおり、ヨーロッパ最大のヘンプ・セクターであるフランスが、他のヨーロッパのヘンプ・セクターに遅れをとることに懸念を表明していました。

 

 

記事:引用元

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる