MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

いよいよ「カナビズ2.0」が始まった、カナダの年明け

画像

画像:引用元

Yosuke Koga
今週月曜日、カナダが大麻成分を含有する食品、いわゆるエディブルの販売を開始しました。

 

オンラインでの販売は16日に解禁される予定です。「カナビス2.0」と呼ばれる今回の解禁には、業界も熱い期待を寄せています。

 

この解禁にあわせて、各大麻企業はエディブルを開発してきました。

目次

世界のエディブル市場が 115億ドル を超える!?

画像

画像:引用元

その製品ラインは、飲料をはじめ、キャンディー、チョコレート、グミ、ミント、お茶、クッキーなど多岐に渡ります。

 

その市場規模はカナダだけでも年間27億ドルと言われており、既に60億ドルを超えるカナダの合法大麻市場に大きなボーナスを上乗せする事になります。

 

ザイオン・マーケットリサーチの調べでは、2025年には世界のエディブル市場は115億ドルを超えると予想されており、カナビス2.0という呼び名も肯けます。

 

画像

画像:引用元 キャノピー・グロースのエディブル写真

 

時価総額で世界最大の大麻企業であるキャノピー・グロースも例外ではありません。

 

同社はオタワのハミングバード・チョコレートと提携して、BeanBud Craft Cannabisツイードトーキョー・スモーク3つのブランドからチョコレート製品を発売します。

 

それぞれのブランドには棲み分けがあるようで、製品にも特徴が現れています。Bean&Budは、Zorzal Cacaoから作られたプレミアム70%ダークチョコレートで、一枚毎に5 mgTHCが含まれたチョコレートが一箱に2枚入っています。

 

一方、ツイードのミルクチョコレートは、それぞれTHC2.6mgCBD1.8mgが入ったチョコレートが4枚入りで、トーキョー・スモークはTHCCBD1:1で配合しているといった具合です。

画像

また、キャノピーは、蒸留大麻と呼ばれる透明な液体を抽出し、飲料の有効成分として使用しています。

 

ツイードは飲料もラインナップしており、R.T.D.というシリーズは、3つのフレーバーで楽しめます。それぞれにTHC2mgと、CBD1.5mg含まれています。

 

キャノピーは、タレントのセス・ローガンと提携して、彼の大麻ブランドであるハウスプラントから、グレープフルーツとレモン味の飲料を発売するほか、ウェルネスに特化した新しいブランドQuatreauのもとで、スパークリングウォーターを開発しました。

 

また、上記の飲料では満足出来ない上級者むけに、カナダ保健省により許可された最大のTHCレベルである10mgTHCを含有するDeep Spaceも用意されています。

 

画像画像:引用元 キャノピー・グロース Mark Zekulin CEO

 

キャノピーはまた、こうした飲料だけでなく、Tweed Distilled Cannabisという新たなジャンルの飲料ミキサーを発売します。150ml瓶に入った透明な液体の蒸留大麻は、まるでカクテルのようにノンアルコール・アルコール飲料と混ぜたり、ロックで楽しむことができます。

 

Mark Zekulin CEO

Cannabis 2.0の登場により、私たちの目標は最高品質の製品を顧客に提供することであり、チームの努力と献身を通じて、まさにそれを実現できたと信じています。

 

2014年の最初の医療大麻販売開始以来、革新と品質に注力してきましたが、今ではゲームを変えるレクリエーション飲料、チョコレート、ベイプなどの発売でそれを拡大しています。

とキャノピーの最高経営責任者であるMark Zekulin氏は述べています。

明るい未来・しかし行政が足かせに?

画像

画像:引用元

今回のカナダの規制では、各製品のTHCの上限は10mgまでに制限されており、かつ一回の買い物につき一人THC30mgまでしか購入できないと決まっており、米国の合法州で一般的な一人あたり100mgの規制と比較するとアピールに欠けるという声も聞かれます。

 

実は、鳴り物入りで始まったカナダの大麻解禁ですが、当初の予想ほどうまくいっている訳ではありません。

画像

遅々として進まない行政からの販売ライセンス交付がボトルネックとなり、莫大な売り上げに焦点を合わせて生産を拡大しながら解禁に臨んだ生産企業は、どこも軒並み山のような在庫を抱えています。

 

この一年で、こうした企業の生産量は5倍に急拡大している一方で、需要は2倍程度しか伸びておらず、期待を裏切られた投資家は、一斉に大麻銘柄から資金を引き上げたため、昨年のカナダ大麻銘柄は散々な結果となっています。

 

こうした経験も手伝って、各社は事前に大量の製品を生産する事を控えているようで、ディスペンサリーでは解禁2日目になっても商品が入荷しない店舗が出ており、また、昨年の解禁時に大麻の品切れが続出した事から消費者側も品薄を見込んでいるという状況で、いまいち盛り上がりに欠けるスタートとなっています。

画像

画像:引用元

大麻行政に限らず、やはり、過剰な行政の監督や縛りは、企業を硬直させるだけでなく、消費者のマインドも冷めさせてしまい、結果として市場を萎縮させます。

 

そう言った意味では、「ブラックマーケットの駆逐と税収増」を旗印にしたカナダの政策は、初めから政治家のスケベ心が見え見えで、失敗だったと言えるかもしれません。

 

やはり、個人に大麻栽培の権利を認め、しかもその買取まで表明したタイ政府のほうが、一枚上手なのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる