MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

検索ボリュームで、CBDが有名ポルノサイトやJesus, Beetlesなどを凌駕

画像

Yosuke Koga
ネットをウロウロしていたら、面白い記事を見つけたので紹介します。最近はシリアスな話が続いているので、箸休めに読んでみてください。

 

以前お伝えしたように、どうやらアメリカ人にとってCBDは既に常識となっているようですが、それを裏付けるデータが出てきました。

 

その内容は、予想を大きく上回るものでした。

 

そのデータから見えてくるのは、痛みの緩和、てんかん発作の予防・対処、不安の軽減、にきびの治療に至るまで、CBDとその医療効果に対して、人々は非常に興味を持っているという事です。

目次

cannabisMDが統計情報の共有を図る

画像

しかし、CBDは本当はどれほど人気が あるのでしょうか?実際はメディアが騒いでいるだけなのでしょうか?

 

米国ではガソリンスタンドや靴屋にまでCBDが並んでいるという事は、人々が本当にそれだけ使っているという事でしょうか?または、過剰な誇大広告なのでしょうか?

 

答えを見つけるために、記者のハビエル氏は大麻情報を提供するcannabisMDに統計情報を共有するように依頼しました。

 

バズは本物です!

cannabisMDのデータによると、CBDはインターネット上で最も人気のある単語の1つであり、瞬間的にですがPornHubやHalloweenなどのいくつかのキーワードに勝っています

 

調査結果を見てみましょう。しかし、前に、会社がこれらの結論に到達した方法を簡単に見てみましょう。

 

非社会運動的教育プラットフォームであるcannabisMDは、消費者動向の調査に使用されるバックエンドツールであるKnowledge Navigatorを使用して、インターネット上のCBDおよびTHCへの関心を評価しました。

 

Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームとともに、12,000を超えるURLを含むWeb上のユーザー検索から取得したデータを使用して、以下の結論に達しました(2年間のチャート、下の各キーワードに対してCBDを比較)。

画像

Yosuke Koga
いつの時代もポルノは大衆の関心の中心ですが、今年4月から5月にかけて、CBDは有名ポルノサイトを凌いでいます。HTJらしくない内容で恐縮です。汗

画像

Yosuke Koga
さて、公開されて以来、アメコミ映画として異例の大ヒットを続けている映画「ジョーカー」ですが、CBDには足元にも及びません。これには私も驚きました。

画像

Yosuke Koga
アメリカは、実は非常に厳格なキリスト教徒が多い国です。そもそもこの国は、ヨーロッパから逃げ出してきたピューリタン達によって建てられたのですから当然かもしれません。ところが、そんな「ジーザス」でもCBDには敵いません。

画像

Yosuke Koga
日本でも、暮らしを一変させるとか、健康被害が懸念されるとか、経済効果はいくら、などと話題の「5G」ですが、CBDと比べればこの程度でした。

画像

Yosuke Koga
世界の「ビートルズ」は、といえども。。。。

では、日本のCBDの検索ボリュームはどうか?

CBDのあまりの人気に正直驚きました。では、大麻行政においてブッチギリの世界の最後尾を走る日本ではどうなんだろう?と気になったので、限られたリソースで私も調べてみました。

 

すると、意外や意外。検索ボリュームは小さいですが、日本でもCBDは伸びてきてました。

 

下のチャートは、検索数の最高ボリュームを100としての、検索数の推移です。なんと、今現在が最高です。

画像

 

Yosuke Koga
ただ、これでは絶対数が判らないので、aramakijake.jpに行って、検索ボリュームをチェックしてみました。

 

画像

 

Yosuke Koga
おお。CBD、結構みなさん調べてますね。

 

では、ネットで票を伸ばしたと言われている、れいわ新撰組の代表はどうかというと。

 

画像

 

Yosuke Koga
CBDより一桁も小さい!!

では、その宿敵は。

 

画像

 

Yosuke Koga
嘘か本当かは知りませんが、メディアが騒いでる「若者に広がる自民党支持」の結果でしょうか?

 

真面目な話だけでは面白く無いので、街で最近よく見かけるモノを調べてみると。。。

 

画像

 

Yosuke Koga
ん?これ本当かな?「タピオカ」は、もっとみんな調べてると思うんですけど。

 

そんなこと無いのかなぁ。ちょっと眉唾です。

 

では、健康は国民全員の関心事ということで、これはどうでしょうか?

 

画像

 

Yosuke Koga
ん〜、何だかこのサービス自体が、あまりアテにならない気がしてきました。。。。

 

引用元:https://www.forbes.com/sites/javierhasse/2019/11/01/cbd-popularity/#151b31c254e7

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる