MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

新たな潮流:THC1%の枠組みが世界の勢力図を変える

画像

目次

現時的でないTHC濃度の設定を見直す

エクアドル政府は、ウルグアイ、スイス、オーストラリアに続いて、産業用ヘンプのTHCレベルを1%に設定する計画です。

 

これは、先日お伝えしたハワイの試験栽培で起きた「法定THC濃度超過による廃棄処分」でも明らかになった、現実的でないTHC濃度の設定によって産業全体がダメージを受けるというリスクを回避する上で画期的な提案です。

 

 1THC制限は、ヘンプの乾燥重量に基づいています。改正後の刑法では、その限度以下のヘンプは禁制品ではなく、THCレベルの規制は農務省の責任であると明確に述べています。

 

非犯罪化から4年経過したエクアドル

画像

画像:引用元

大麻規制は、エクアドルの厄介な問題を反映しています。

 

NGOCáñamo Industrial Ecuadorの創設者であるOscar Farith Pino Herrera氏はHempTodayに対し「多くの政治家は、それぞれの分野におけるヘンプの経済的可能性を認識しています。しかし、それが承認されることを望まない保守的エリートの経済的な利益との闘いが未だにあるのです。」と、語りました。 

 

2015年、エクアドルは大麻使用を非犯罪化する新しい法律を承認しましたが、不明瞭な規制によって、CBDやその他の化合物に関わる当局だけでなく、国民の間でも混乱が生じています。

 

議会では、83人の議員が改革に賛成票を投じ、23人の議員が投票を棄権し、20人が変更に反対票を投じました。

 

THC1%」のベンチマークを設定することにより、エクアドルはグローバルなステージで法的先駆者になりそうです。

 

米国を含む世界のほとんどの地域で、産業用ヘンプのTHC制限は0.3%ですが、欧州諸国はさらに厳しい0.2THC制限の下で働いており、欧州の産業関係者はこれを変更しようとしています。

薬局か低価格供給か、どの戦略を取るべきか?

画像

エクアドルの変化は、大麻を医療目的に使用することに対してより広く対応しており、ローカルのCBD市場への道を部分的に明確にしていますが、多くの疑問が残っており、品質を保証するために最初からCBDを輸入し、純粋なCBD製品を薬局でのみ利用可能にすることを提唱している人もいます

 

エクアドルのポンティフィシャル・カトリック大学のQCAハーバリウムの研究者であるOmar Vacas Cruzは、「多くの生産者が、こうしたオイルや医薬品を台所のような場所で作っています。これは実験室を通して技術的な方法で行われるべきです」と語りました。 

 

同氏は、「他人の痛みからお金を稼ぐ人がいます。だから、最初は輸入から始めるのが良いと思うのです。しかし、輸入すると製品が高価格になることを意味するため、闇市場が生まれるでしょう」と認め、CBDは現在エクアドルで20mlあたり約30ドルで販売していると述べました。 

廃棄リスクゼロで農村を尊重する仕組み

画像

彼は、製品が安全であることを保証するために、保健当局が産業管理の実施に責任を持つことを推奨しています。

 

物事がどのように揺れるかにもよりますが、アメリカとカナダの企業は長い日照時間と噴火後の土壌がヘンプに最適な条件を提供するエクアドルでの栽培に関心を示しているため、この法律の変更は投資の流入を引き起こす可能性があると関係者は言います。

画像

カニャモ・インダストリアル・エクアドルのエレーラ氏は、栽培・加工業者のライセンスの詳細については未定ですが、「エクアドルがヘンプ農業の可能性を実証するのは時間の問題です」と述べています。

 

これまで世界基準とされてきた0.2~0.3%THC基準は、あまりに厳しく、生産者は常に作物を廃棄しなければならなくなるリスクを抱えてきました

 

しかしこのところ増えてきた1%基準であれば、生産者は安心して栽培が可能で、結果的に設備投資などが活発化していくでしょう。北米や欧州が厳しい基準によって足枷をはめられている間に、エクアドル他の新興国はシェアを伸ばしながら新たな勢力となっていきます。

 

エクアドルは、「開発戦略に大麻を含む農村政策を奨励する」ことを目的として、「農村のニーズを尊重し保護する」ために昨年採用した宣言を提案し、ボリビア、キューバ、南アフリカがこれに同意して、国連に採択されました。

 

引用元:https://hemptoday.net/ecuador-canabis-law/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる