MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

ラトビアのヘンプの歴史にスポットを当てるオベリスク・ファーム博物館

ラトビアのヘンプの歴史にスポットを当てるオベリスク・ファーム博物館

ブライアン・ホリーハン著 |ヘンプトゥデイ –ラトビア東部にあるオベリスクの農場が、農場内にあるヘンプの栽培と教育を行う小さな複合施設に、ヘンプ博物館を新たに建設する計画を表明しています。

「ヘンプは、昔からラトビアの歴史と文化の一部なのです」とオベリスクの共同創業者であるデボラ・パウリノ氏は語ります。パウリノ氏と夫のアンドリス・ビスネフキス氏がオベリスク・ファームを設立したのは2013年のことでした。

「このアイデアを思いついたのは、つい最近のことです。私たちは二人とも、図書館として利用している納屋に、座って本を読むこと以外の、何かを作りたいと思っていました。しかし、具体的な考えはありませんでした。そんなとき、ダブリン・ヘンプ博物館の仕事に刺激を受けたのです」とパウリノ氏は言います。

二人によると、計画している博物館は、ラトビアにおけるヘンプの歴史を展示するだけでなく、他の国のヘンプ文化も取り上げる予定です。

目次

家族農場

パウリノ氏、ビスネフキス氏は、子供二人と共に、2.5ヘクタールの農場複合施設で暮らしています。この施設には、古い家屋と、石造りの納屋や木製の納屋がいくつかあります。オベリスク・ファームは、複数の生産物を売り出すのに加えて、教育ツアーを提供したり、年に一度開催される一連のヘンプ・ワークショップを主催したりしています。

ラトビアのヘンプの歴史にスポットを当てるオベリスク・ファーム博物館

両氏は、自分たちの博物館の計画を、ヘンプトゥデイがポーランドで開催したヘンプ2020ビジネスサミットで明らかにしました。このサミットは、ヨーロッパ各地を巡った彼らの旅の、最後の目的地でした。この一連の旅でビスネフキス氏とパウリノ氏の家族は、ブリュッセルの第8回国際ヘンプ建築協会にも参加しています。IHBAの設立者であるスティーブ・アリン氏は、2017年にオベリスク・ファームを訪れており、その際にヘンプ建築のワークショップを開催しました。

2018年には1,000人以上が訪問

昨年、オベリスク・ファームへの訪問者数は1,000人を超えました。博物館の追加は、より喜んで受け入れられるはずです。「現在、私たちが提供しているツアーは、将来博物館が完成すれば魅力が増すでしょう。現在受け入れている訪問者の数はとても多いですが、博物館という大きな魅力が加わることで、訪問者数がこれからも増え続けてくれることを期待しています」とパウリノ氏は話しています。

ラトビアのヘンプの歴史にスポットを当てるオベリスク・ファーム博物館

オベリスクの大麻学校の入り口

計画は、まだ初期段階です。現在二人は、展示する物品を探しています。「手を貸してくれる可能性のある地元規模、地域規模、そして国家規模の組織に連絡をとる予定です。また、大学や研究者の方々とも協力関係を築きたいと思っています。現在、私たちが築いたソーシャルネットワークに協力を要請しており、このやり方で、すでにいくつか資料を見つけることができました」とパウリノ氏は話しています。

クラウドファンディングが開始

この博物館の試みをサポートできるように、二人は600ユーロ**の資金を募るクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げました。募った資金は、展示物だけでなく、保管システム、インフォメーションパネル、そして照明などに投資されます。

博物館が完成すれば、それは世界で数少ないヘンプ博物館の一つになります。ヘンプ博物館は現在、アイルランド、オランダ、ドイツ、イタリア、スペイン、日本、ウルグアイに存在しています。(HEMPTODAY 2018年10月29日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる