MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

テキサス州で初となる大麻入りワイン飲料(開発期間2年)販売開始

テキサス州で初となる大麻入りワイン飲料(開発期間2年)販売開始

TVMによると、ブランド名は、嘗てのヘンプとマリファナの混同に由来するとのことです

米国の会社が大麻入りワイン飲料を開発

テキサス州ウェザーフォードのトリプルDリカーは、TVMのヘンプ入りワイン飲料を取り扱う最初の店の一つです

小規模な家族経営のワイナリーが、2年間の開発期間を経て、テキサス州で初となるヘンプ入りワイン飲料の小売販売を、今週開始しました。このTVMワインズという名のワイナリーによると、今回発売した商品は、米国財務省の酒類たばこ税貿易管理局(TTB)の下で、全ての法的要件を満たすことのできた、初めての製品ということです。

 

「私たちの目標は、日ごろからワインを飲む人はもちろん、普段はワインを飲まない人にも興味を持ってもらうことです」と、TVMの会長兼共同創業者のロン・ミッテルステッド氏は話しています。ミッテルステッド氏は5年前、妻シンディさんと一緒にTVMを立ち上げました。

目次

疑念を乗り越えての開発

ミッテルステッド氏によると、ヘンプ入りのワインの製造を初めて思いついたのは2015年のことで、当時は懐疑的ではあったものの、その可能性について検討し始めたということです。 2017年にミッテルステッド氏の娘であるエリーゼ・ヒル氏がビジネスに参加し、妹のベスさんと一緒にTVMワインにヘンプを含ませる方法について、さらなる研究を開始しました。

TVMは飲料にとって丁度良い調合を実現し、TTBに対して必要な書類を提出し、製品を市場に売り出すために、テキサス州トゥリアの瓶詰専門業者であるトップシェルフブレンドと、ついに提携しました。

TVMのセールス・マーケティング副部長を務めるヒル氏は、「調合については何度も提出を繰り返しました。米国麻薬取締局の監査と厳格な規制が、すべての大麻製品に適用されるため、大麻に関して完璧な試験書類を提出しなければならず、何度も非承認となりました」と話しています。最終的に、調合およびラベリングに対する申請が、昨年12月1日に承認されました。

主な流通経路

TVMワインは、テキサス州北東部のダラス/フォートワース地区のアルバートソンズというスーパーマーケットチェーンと多数の個人経営の酒類店で扱われており、4月からH-E-Bスーパーマーケットチェーンのいくつかの店舗でも取り扱いが始まる予定です。ミッテルステッド氏の家族は別会社であるスイート・スプリング・ワイナリーにおいて、伝統的なワインも作っています。

ヘンプワインはヨーロッパのあちこちで販売されており、アメリカでは昨年、ニューヨークにあるビンガムトン大学の学生であるカイラン・キャステッター氏がソブリン・ヴァイン社のブランドでヘンプワインを発売しました。HEMPTODAY 2018年1月15日)

関連記事:

  1. カナダ企業が米国でCBD生産向け栽培
  2. ファッション企業が直面するヘンプをめぐる銀行問題

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる