MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

既にビールは稼働、大麻飲料メーカー合弁会社として新規設立

既にビールは稼働、大麻飲料メーカー合弁会社として新規設立

カナダのベンチャーキャピタルであるLGC キャピタルと、オーストラリアのクレソ・ファーマ、イギリスのバルティック・ビア・カンパニーの3社は、カナビスとヘンプ由来の飲料を開発する合弁企業としてCLV フロンティア・ブランズを設立しました。

CLVは、ヘンプやカナビスの種子、抽出物、テルペン等から製造した、カナビスおよびヘンプ配合のアルコール/ノンアルコール飲料の分野で世界的な実績を積み上げると話しています。

目次

既に開発中のビールライン

CLVによると、テルペン類や他の大麻成分をミックスした4種類のプレミアムビールのラインをすでに開発しているとのことです。テルペン類は大麻の風味と香りを持ってはいますが、THCやCBDなどのカンナビノイドは含んでいません。同社はまた、ビーガン対応の飲料を作る予定であると語っています。CLVはエストニアビールのブランドとしてヴィル・プレミアム・エストニア・ビールを開発し、オーストラリア、中国、イギリス、イタリア、メキシコで販売しています。

カナダのTSXベンチャー取引所で取引されているLGCは、南アフリカ共和国で医療大麻の研究、栽培、商業生産を計画しているハウス・オブ・ヘンプ社と契約を締結しようとしています。

クレソ社の一連の契約

オーストラリア証券取引所で取引されているクレソ・ファーマは、ヘンプ由来の栄養補助食品に関心を寄せています。同社は、昨年末、医療大麻グループ企業であるカナ・カナダとそのコロンビアの子会社であるカナS.A.S.を買収しました。また、 2017年のうちに、カナダのハリファックスに拠点を置くメルノバ・メデシナルも買収しています。

CLVの取締役会は、LGC社長兼最高経営責任者のジョン・マクマレン氏、クレソ・ファーマ最高経営責任者のミリ・ハルパリン・ウェルンリ氏、バルティック・ビア・カンパニー取締役のアレックス・クレオス氏から構成されています。(HEMPTODAY 2018年1月15日)

関連記事:

  1. 「ルーツ社」 オーストラリア証券取引所に上場

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる