MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

2021年に新たに大麻の規制緩和をした国と地域について

2021年に新たに大麻の規制緩和をした国と地域について。

目次

世界アンチドーピング機関からマルタ共和国まで

日本臨床カンナビノイド学会(事務局:東京都品川区)は、2021年に大麻に規制緩和をした国と地域の調査結果を20211229日にて発表しました。2021年は、産業用12地域、医療用8地域、嗜好用10地域の各分野で規制緩和が進みました。

 

我が国においても、大麻取締法を主管する厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課によって20211月から6月まで12名の有識者による「大麻等の薬物対策のあり方検討会」が全8回開催され、改正大麻取締法に向けた大きな動きがありました。

 

検討会のとりまとめ報告書では、

若者の大麻事犯急増に対応するための大麻使用罪の創設

大麻及び大麻樹脂の医療価値を認めたWHO勧告の国連採択を受けての大麻由来医薬品の使用解禁

茎と種子の利用が合法で、花と葉の利用が違法という現行の植物の部位規制からTHCによる成分規制への変更

薬物事犯者の再乱用防止対策の強化zz

の方針が示された(※1)。

 

本調査では下記の用語で統一して表記した。

 

医療用大麻:

大麻草を医療目的で使用するハーブ(生薬)療法の一種。大麻草に含まれる独特の成分「カンナビノイド」を抽出し、製剤化したカンナビノイド医薬品とは区別される。

 

嗜好用大麻:

大麻草を嗜好目的で使用すること。合法化した地域では、タバコやアルコールのように成人のみを対象として、課税管理する制度を採用したところがほとんどである。

 

産業用大麻:

大麻草に含まれ、向精神作用のあるTHC濃度が1%未満の品種を栽培し、そこから衣類、食品、化粧品、建材、製紙、飼料、敷料、自動車用品などの産業用途に使用すること。嗜好用や医療用のマリファナと区別するために、ヘンプ(Hemp)と呼ばれている。

 

なお、ルクセンブルグ、ドイツなどで嗜好用大麻の合法化法案が計画および提出されていますが、本リストである合法化した国と地域には含みません。

 

〇調査結果 211229日現在

 

11日  世界アンチドーピング機関(WADA):

アスリートにおける大麻違反の処分期間を2年から3ヶ月に短縮

      米国モンタナ州 嗜好用大麻合法化(米国13州目)

211日 タイ 医療用大麻の家庭栽培(6株まで)開始

31日 米国ニュージャージー州 嗜好用大麻合法化(米国14州目)

322日 米国 農務省(USDA2018年農業法に基づく産業用大麻最終規則を正式に発効 

THC検査の過失のしきい値を0.5%から1.0%へ引き上げ

331日 米国ニューヨーク州 嗜好用大麻合法化(米国15州目)

47日 ウクライナ 合成THC医薬品(ドロナビノール、ナビロン)、THC/CBD医薬品(ナビキシモルス)を合法化

47日 米国バージニア州  嗜好用大麻合法化(米国16州目)

412日 米国ニューメキシコ州 嗜好用大麻合法化(米国17州目)

421日 1961年国連麻薬単一条約「大麻植物及び大麻樹脂」のスケジュールⅣ削除を発効(※2

426日 米国アイダホ州 産業用大麻合法化(米国50州目、221月から栽培可)

515日 スイス改正麻薬法施行 嗜好用大麻の臨床試験を合法化

520日 ザンビア 産業用大麻・医療用大麻の栽培と輸出を合法化

64日 モロッコ 産業用大麻・医療用大麻を合法化(アフリカで5カ国目)

622日 米国コネチカット州 嗜好用大麻合法化(米国18州目、※3)

628日 メキシコ 最高裁判所 嗜好用大麻の禁止は違憲とした判決(賛成8:反対3

628日 ルワンダ 医療用大麻合法化(アフリカ6カ国目)

723日 コロンビア 産業用及び医療用大麻の製品(乾燥大麻を含む)の輸出を合法化

910日 日本 新型コロナウイルス感染症の影響等を踏まえた大麻栽培者免許事務について

        (大麻栽培者免許に関する過剰規制の見直し通知)

930日 日本 厚生労働科学特別研究「難治性てんかんにおけるカンナビノイド(大麻抽出成分)由来

医薬品の治験に向けた課題把握および今後の方策に向けた研究」の研究成果物が公表

914日 チェコ共和国 産業用大麻 THC濃度を0.3%から1.0%に引き上げ、施行202211

106日 米国カリフォルニア州 産業用大麻製品法(AB 45)を可決 

人間及び動物を対象としたCBD等のカンナビノイド製品(吸引系製品除く)を包括的に規定

108日 ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)輸入を自動承認する大麻製品リストを公表

1014日 パナマ共和国 医療用大麻合法化(中米で初めての国)

1128日 アラブ首長国連邦 麻薬法の規制緩和 大麻製品の国内持ち込みは刑罰にならず没収のみ

1124日 欧州農業共通政策(CAP)における産業用大麻のTHC濃度0.2%から0.3%に引き上げ。(施行202311日)

1130日 コスタリカ 最高裁判所 産業用及び医療用大麻の生産を合法化する法案には違憲性がないと判断

122日 メキシコ 最高裁判所 THC濃度1%未満の産業用大麻の禁止は違憲とした判決

129日 タイ 麻薬法改正 大麻草の葉や茎を麻薬植物リストから削除 

1215日 マルタ共和国 嗜好用大麻を合法化(欧州で初めての国)※4

 

1 大麻等の薬物対策のあり方検討会

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syokuhin_436610_00005.html 

 

2 1961年国連麻薬単一条約「大麻植物及び大麻樹脂」がスケジュールから削除されたのは、2021122日の90日後に発効となった。

現在の規制物質リスト https://undocs.org/en/ST/CND/1/Add.1/Rev.7  

 

※3

21514日 米国ミシシッピ州高裁で医療用大麻合法化は違憲とした判決を下したため、合法化リストからは除外されている。

211124日 米国サウスダコタ州最高裁で嗜好用大麻合法化は違憲とした判決を下したため、合法化リストからは除外されている。

 

※4よく知られているオランダは、非犯罪化国であって嗜好用大麻の合法化国ではない

 

Yosuke Koga

以上のように、今年も世界の大麻合法化は、スピードを上げて進んでいます。

 

そして、単にエリアが広がっただけでなく、これまでに合法化された地域では流通量が大きく伸びています。

 

カナダでは13億ドル、アメリカの合法州では240億ドルにまでセールスが拡大しており、これは前年比38%もの驚異的な伸びです。

 

 

来年も、ますます勢いを増していきそうな世界の大麻合法化。来年の今頃は、どの国が仲間に加わっているでしょうか?

 

2020年の規制緩和した国と地域

https://www.dreamnews.jp/press/0000228936/ 

 

2019年の規制緩和した国と地域

https://www.dreamnews.jp/press/0000207964/ 

 

2018年の規制緩和した国と地域

https://www.dreamnews.jp/press/0000187079/ 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

目次
閉じる