MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

英カナビス企業 Always Pure Organics Ltd. が日本子会社を設立

画像

 

目次

英国カンナビノイド企業が日本法人設立

イギリスのカンナビス市場の先駆者であるAlways Pure Organics Ltd(本社:英国マンチェスター、代表取締役社長:ギャビン・オジルビ)は、2021年8月20日、日本での事業拡大のため当社100%出資の子会社「Always Pure Organics Japan株式会社」を設立しました。

 

英国マンチェスターを本社として構え、2019年から日本のCBD市場に参入している当社は、APOジャパン設立を期に、日本での事業拡大と企業価値の向上にまい進してまいります。

 

2018年に社員3人で創設したAPOは、現在従業員60人以上を抱える企業となり、イギリス、日本、そしてヨーロッパのカンナビス製品卸売り及びOEM市場で上位を占めるまでに成長しました。今回、日本法人の設立により、急成長する日本のCBD市場でも地盤を強化していきます。

 

APOは、今年7月にベルギー拠点のカンナビス企業DLH社を買収したことでヨーロッパでの基盤を更に強化しました。この経験を活かし、日本を拠点としたアジア地域への事業展開も視野に入れて事業拡大を図っていきます。

 

APOは、2019年に初めて日本への輸出を開始して以来、日本の厳しい輸入規制に関する知識と経験を積み、高品質の製品とサービスを提供することで、急成長する日本のCBD市場での信頼を築いてきました。

APOジャパンは、今後さらに国内のパートナー企業からの協力を得ながら、原料輸入や製品登録を一括して行い、日本国内でOEM製造を行うことで、日本のお客様のニーズに合致した商品とサービスを迅速に提供していきます。

 

 

CSR-企業の社会的責任

APOは、てんかんの子どもたちに、確かなCBD製剤を、なるべく安価に届けたいという思いから生まれた非営利プロジェクト「CBDチャリティバンク・みどりのわ by Green Zone Japan」を支援しています。また、医療大麻や CBD に関して科学に基づいた最新情報を伝える非営利団体 Project CBD への支援や、カンナビノイド関連事業者有志の賛同事業者として、CBD 製品の健全な市場の発展のために貢献していきます。

 

 

代表者挨拶

APO最高経営責任者(CEO)ギャビン・オジルビ

「EU圏内では関税や税金が掛からず、翌日配達が可能です。一方、日本ではCBD製品輸入の手続きに時間がかかるため、結果としてリードタイムも長くなってしまいます。日本にも拠点を置き、これまで2年間の日本市場での経験を生かすことで、今後は日本のお客様に、より迅速で日本の市場に特化した新しいサービスを提供していきます。」

 

 

APO社アジア地域ディレクター/APOジャパン代表取締役 吉田智賀子

「世界のカンナビス市場は目まぐるしく進化しています。特に、カンナビス製品を使用したユーザーや様々な疾患を持った方々の経験談を学ぶ機会が増えてきました。ここ数年、日本のCBD市場の発展を英国から見てきましたが、日本市場は大きな可能性に満ちています。市場のニーズに迅速かつ効果的に対応するためにも、APOジャパンを設立すべきタイミングが来たと判断しました。」

 

 

会社概要

本社:Always Pure Organics Ltd

本社所在地:The Beehive, 53 Derby St, Manchester M8 8HW, UK

最高経営責任者:Gavin Ogilvie

URL:https://www.alwayspureorganics.com/

 

日本子会社:Always Pure Organics Japan株式会社

所在地:東京都渋谷区富ヶ谷1丁目14番14号 3F

代表取締役:吉田智賀子

URL:https://www.alwayspureorganics.com/ja/

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

HempTODAYJAPAN編集部です。HemoTODAYより翻訳記事中心に世界のヘンプ情報を公開していきます。加えて、国内のカンナビノイド業界の状況や海外の現地レポートも公開中。

目次
閉じる