MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

タイの医療大麻制度で効果が判明

画像

画像:引用元

 

Yosuke Koga
有名芸能人が大麻で逮捕されるたびに、

「海外では医療大麻が流行っているなど嘘だ」

「医療大麻というものは存在しない。」

などと識者がテレビでコメントしているような状況の日本ですが、今週タイでは、昨年の医療大麻制度開始後はじめての臨床結果が報告されました。

 

 

 

タイにおける医療大麻製剤の唯一の製造元である政府系製薬企業GPO(Government Pharmaceutical Organization)は、同制度開始以来追跡してきた患者群のQoL(生活の質)が向上しており、医療大麻の効果が見られると発表しました。

 

 

画像

画像:引用元

 

 

現地メディアのパタヤ・メールによると、GPOのNanthakarn Suwanpidokkul博士は、2019年8月にGPOが医療用大麻製品を病院や診療所に配布後、初の研究から良い効果が報告されたと述べました。

 

 

GPO製のCBD抽出物は、Prasat Neurological InstituteとQueen Sirikit National Institute of Child Healthで難治性てんかんの子供16人に使用されており、そのうち10人(62%)が発作を制御できていました。

 

 

さらに、緩和ケア中の癌患者14人は、国立癌研究所での大麻抽出物の暫定的な試験使用に参加し、痛みのスコアが50%以上低下し、食欲と睡眠が改善しました。

 

 

研究所は、THCとCBDが乳癌、膵臓癌、胆管癌などの細胞を抑制する特性を持っている可能性が高いと報告しました。 こうした癌抑制試験は試験管内での実験で効果的であることが判明しており、動物を使った実験も予定されているようです。

 

 

画像

画像:引用元

 

「しかし、彼らの研究はまだ最初の結果しか出ていません。今後は、これらの研究を更に多くの患者に拡大し、有効性と安全性を継続的に監視しなければなりません。」とNanthakarn Suwanpidokkul博士は述べました。

 

Yosuke Koga
タイは栽培から処方までを政府が厳格に管理しており、「セルフメディケーションとしての医療大麻」を導入している欧米に比べて、こうした追跡調査が容易なのだと推測できます。

 

アジアで最初に医療大麻制度を実践したタイから、今後もこうした追跡研究が続々と積み上がっていき、国民の健康の役に立つ事を想像すると、本当に良かったと思うと同時に、その間にも患者が苦しみ、命を落としている中で、空虚な論争ばかりしている極東の島国の残酷な無関心について考えてしまいます。

 

記事:引用元

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる