MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

クアーズがCBD入り飲料の開発を発表

画像
画像:引用元

 

コロラド州デンバーに本拠を置くモルソン・クアーズ・ビバレッジ社は、カナダの大麻企業 Hexo Corpと提携し、ヘンプ由来のノンアルコールCBDドリンクを販売すると発表しました。

 

 

モルソン・クアーズとHexo Corp.は、合弁会社 Truss CBD USAをコロラド州に設立し、その過半数をモルソン・クアーズが所有する事になります。

 

 

両社は、2018年に最初に提携し、カナダで大麻成分配合飲料を販売すべくトラス・ビバレッジズと呼ばれる別の合弁事業を立ち上げていましたが、そのプロジェクトは遅延に悩まされてきました。

 

画像
画像:引用元

 

今回両社は、この新ブランドの製品の発売日をまだ明らかにしていませんが、大麻成分を配合したノンアルコール飲料を今年後半に発売する予定、と述べています。

 

 

CBD飲料は、ノンアルコール飲料カテゴリの中でも成長しているセグメントであり、この合弁会社設立によって、私たちはコロラドで事業展開する機会を得ることになります」と、モルソン・クアーズの新興成長部門の責任者であるピート・マリノ氏は述べました。

 

 

コロラドは、ヘンプ由来CBDを配合した食品・飲料に関する規制枠組みが確立されている数少ない州の1つであり、そうした法整備の出来ていない州では、大麻飲料や食品を販売する事は出来ません。

 

画像
画像:引用元

 

そのため、同社のCBD飲料の生産と流通は、当面の間コロラド州内にとどまる予定です。

 

 

今回の発表で、仕切り直しとなったクアーズのCBD飲料事業ですが、はたしてうまく行くのでしょうか?

 

 

昨年から続く、この合弁事業の計画は伸びに伸びていますが、一方ライバルである Anheuser-Busch は、カナダの大麻企業 Tilray と提携し、Everieというブランドで既にCBD 飲料をリリースしており、つづいてCanopy Growthも自社ブランドの大麻飲料を発売し、着実に大麻由来成分を配合した飲料という新しいマーケットを開拓しています。

 

記事:引用元

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる