MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

チェコのヘンプクラフトビールが巣立つ

チェコのヘンプクラフトビールが巣立つ

醸造パートナー、Robert Maglen と Jan Srb

チェコのヘンプビールブランド Kanar (“カナリヤ”) のオーナーによると、チェコ共和国北部に位置するボヘミア小さな街クラスナリパのクラフトビール醸造所Falkenštejnブルワリーの製造能力拡大に伴い、彼らのビールは来年ますます高く舞い上がると語ります

パートナーのJan SrbとRobert Maglenによると、同醸造所の製造能力拡大により、現在の全体年間醸造量35万ℓのうち10万ℓをヘンプビール製造に割り当てられるようになったと言います

目次

ヒップスター*流行に敏感な人達 がターゲット

KanarはFalkenštejnブルワリー敷地内の自社パブを含む地元のパブなどで3年間少量にて製造・販売してきましたが、このたび販路拡大とプロモーションを始めます。ヒップスター市場やオーガニックショップ、ヴィーガン・ベジタリアン飲食店をターゲットしている、と同社のマーケティングを担当するMaglenは語ります

グラフィックデザイナーであるMaglen地元のパブに出かけた際Kanarと出会い、ブランドアイデンティティが欠如していると気づいたところに、共通の友人を通じてSrbと出会いました。「グラフィックは絶対テコ入れが必要だと思った」とMaglenは言います。その友人は彼を、ちょうど自社のグラフィックデザイナーを解雇したばかりだったSrbに紹介し、パートナーシップが誕生しました。

Cannafestにてトップビールの座を2回獲得

「Kanarは我々の子供も同然なので、品質にはとてもこだわっています」と同社のビジネス・ファイナンスマネージャーを務めるSrbは語りますちょうど先月、毎年プラハで11月に行われるCannafest2017大麻博覧会が開催され、Kannarがベストヘンプビールの座を獲得したところを見るとそのこだわりは成功しているようで。Srbはヘンプビールは市場に10ブランドほど存在すると見ています。同社はKanarブランドがデビューした2015年にもCannafestの賞を受賞しています

「当社の醸造主任がヘンプにとても興味を持っていて、非常にオリジナルなレシピを開発したのです」とSrbは言います

Kanarビールのヘンプはチェコ・イフラバのヘンポイント社の完全オーガニックのペレットとヘンプの花から製造されています。ビールはヘンプ60%とホップ40%で、樽ではなくボトルにすることで販売価格を抑えることができたとSrbは語りました

HEMPTODAY 2017年11月28日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる