MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

たった4時間で売り切れ、ブルームーンの醸造家が大麻ビールを発売

画像

画像:引用元

Yosuke Koga
ブルームーンというビールをご存知でしょうか?軽い口当たりの中にフルーティーな香りがあるホワイトビールで、女性にも人気のある有名なクラフトビールです。

 

このブルームーンを開発したブリュワーが、モルソン・クアーズから独立し、新たに立ち上げた大麻含有ノンアルコールビールブランドで勝負をかけています

目次

大麻飲料、32億円から400億円市場へ

画像

画像:引用元

BDS Analyticsの調査によると、大麻飲料は米国の年間エディブル市場の約5%に過ぎず、売上高は3,000万ドルでした。ところが2022年までに、大麻飲料の売り上げは10倍以上、374百万ドルに拡大すると予想されています

 

コロナの輸入元であるConstellation Brandsは、大麻企業Canopy Growthに40億ドルを投資して、大麻含有ノンアルコールビールを開発しており、モルソン・クアーズは、カナダの大麻企業Hexo Corp.と合弁会社を設立し、同じ方向に進んでいます。

画像

画像:引用元

コロラド州デンバーのセリア醸造社の創業者であり、ブルームーンの開発者でもあるキース・ヴィラ氏は、自身の挑戦を熱く語ります。

画像

画像:引用元Keith Villa

「私は90年代のクラフトビールブームに乗じて、ブルームーンで成功を収めたわけですが、こうした経験から、トレンドを見極める力を手に入れたと思います。そして昨年、ブルームーンでの32年のキャリアから早期リタイヤする時に、私と妻は、THCがまるで満ち潮のように非常に力強く「キテいる」と判断し、これに乗る事に決めました。そこでまず、我々はIBC(Inter continental Bebarage Capital)という有能なコンサルタント会社を雇い、エキスパートを集め、私はレシピを開発し、それに大麻を含有させる為のパートナー達を発掘しました。もっとも難しかったのは、このノン・アルコールビールを真の意味で美味しく仕上げる事でしたが、これに成功した瞬間に歯車が噛み合い、全てのオペレーションが回り始めたのです。」

たった4時間で売り切れ

画像

画像:引用元

コロラド州は、言わずと知れた嗜好用大麻解禁の口火を切った州ですが、その首都デンバーには、大麻だけでなくクラフトビールの文化が根付いており、そうした舌の肥えた人々にもセリアのビールは期待値が高かったようで、昨年末の発売初日には、なんとたった4時間で売り切れてしまいました

 

特筆すべきは、このビールの味と効果だとヴィラは言います。「このビールは、大麻の味がしません。本当に美味しいビールの味でありながら、アルコールを含んでおらず、そして大麻の酔いがあるのです。これは非常に重要です。なぜなら大麻の味を好きな人と嫌いな人とで好みが極端に分かれるからです。

画像

画像:引用元Keith Villa

このビールは「ベルジャン・ホワイト・エール」と呼ばれる製品で、ブラッドオレンジの皮とコリンダーを使用したノンアルコールビールです。一本10オンスあたりTHCが5mg含有しており、消費者が自分で摂取量をコントロールできるのは、こうした飲料やエディブルの強みだと言えます。

画像

画像:引用元

Yosuke Koga
現在はコロラド州でのみ飲む事が出来るセリアのビールですが、今後はカリフォルニアやネバダなどの、他の嗜好用大麻を解禁している州へと展開していく予定だと言い、麦酒ベースだけを越境させてから現地でTHCを添加するなどの手筈を整えているようですが、年内を見据えていた当初の計画からは遅れている模様です。

 

また、年初に発売予定だった「アメリカン・ラガー」と「IPA」という新製品も発売がずれ込んでいる模様です。宅配サービスなど、今後の事業展開のヴィジョンもはっきりしているようなので、是非頑張ってもらいたいところです。

引用元1:https://finance.yahoo.com/news/blue-moons-creator-launched-a-cannabis-beer-that-sold-out-in-4-hours-140044104.html

引用元2https://ceriabrewing.com/?target=newproducts

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる