MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

超大手飲料メーカー「アリゾナ」が大麻市場に参入

画像

米国のアイスティーArizona Teaは、全米どこのお店に行っても必ず置いてある超有名ブランドです。

日本で言えば、爽◯美茶みたいなものを想像してもらったら良いでしょうか。そんな超大手飲料メーカーが、Vapeペン、そして、THCを配合したグミを手始めに、大麻市場に参入すると発表しました。

目次

CBDオイルメーカーDixieと協働

 

画像

画像:引用元

アリゾナ・ビバレッジは、マリファナを配合した飲料やチョコレート、グミ、局所用クリームなどを製造・販売するDixie Brandsとライセンス契約を締結したと発表しました。

 

現在6州で事業を展開しているディクシーは、この提携により、アリゾナのブランド名で製品を製造・販売することになり、同時にこの契約は、アリゾナに1,000万ドル(約10億円)まで、ディクシーの株式を購入する権利を与えています。

 

アリゾナビバレッジのアイスティーは、セブンイレブン、ウォルマート、ウォルグリーンズなど、全米のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで扱われている非常にポピュラーな商品で、今回の契約は、大麻由来製品が主流製品に近づいていることを示しています。

 

画像

画像:引用元

この契約は、大型消費者企業が大麻市場に参入した最初の例の1つです。

アリゾナビバレッジズのDon Vultaggio会長はプレスリリースで、「大麻市場は重要な新興カテゴリーであり、この時代を象徴するこのようなチャンスに導かれ、そしてそれを捕らえるために、私的事業としての独立性をこれまで維持してきました」と語りました。

大麻カテゴリーは、アリゾナの美味しさと楽しさを、新しく刺激的な製品にするための理想的な分野なのです

画像

画像:引用元

他の大手飲料メーカーも手を伸ばす

画像

画像:引用元

他の飲料ブランドも、大麻市場に手を伸ばしています。

 

2017年、コロナビールの製造元であるコンステレーション・ブランズは、世界最大の公開大麻企業であるキャノピー・グロースに10%近くの出資を発表し、昨年の投資額を40億ドル増加させました。

 

ハイネケンの傘下でカリフォルニアに本社を置くLagunitas Brewingも、カリフォルニア州の特定の地域での販売用に、大麻を使ったスパークリングウォーターを発売しました。

画像

画像:引用元

しかし、非公開企業であるアリゾナには、むしろこのステップを踏む自由が、他社よりもっと在るかもしれません。

引用元:https://www.cnbc.com/2019/08/07/arizona-tea-maker-enters-the-cannabis-market.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる