MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

関係者がカナダの大麻種子の過剰供給について見解を示す

関係者がカナダの大麻種子の過剰供給について見解を示す

昨年初めに韓国への大麻の輸出が崩壊した後、栽培面積を縮小するようカナダでは警告がありましたが多くの農家がその警告を無視したため、一部のカナダの業界関係者は、2017年は大麻種子の過剰生産となってしまったのではと危惧しています。

カナダの生産者は韓国での確かな輸出市場を見出し、2017年初めの段階では栽培面積を拡大しようとしていましたが、昨年第1四半期に中国産の低価格種子が流入したことにより急激に輸出が減少しました。

目次

一部の農家がリスクを負うことに

2015年のカナダから韓国への出荷額は60万カナダドル(47万USドル)で、2016年には4500万カナダドル(3500万USドル)と急増しましましたが、1年前に中国企業が押し寄せました。

栽培面積を縮小させ、農家への支援を提供するヘンプ・プロダクション・サービスのジェフ・コスチューク氏は「今回は生産者に栽培面積の一部を減少できないか尋ねる状況になりました」と、ウェスタン・プロデューサー誌に語りました。しかし、コスチューク氏によると、カナダ国内のヘンプ農家の多くが、韓国の状況にもかかわらず、生産量の縮小に応じなかったとのことです。

昨年、カナダにおけるヘンプの栽培面積は55,380ヘクタール(137,000エーカー)と報告されています。これは記録的な広さで、カナダ保健省によると681件の商業用栽培ライセンスが配布されました。

マニトバ・ハーベスト社は農場を維持

今年計画を縮小した企業のひとつはマニトバ・ハーベスト社で、同社はマニトバ州のウィニペグとSte.アガでヘンプ事業を展開しています。韓国市場が崩壊した後、今年度分の栽培量を制限したことで、流通量を管理可能な水準に保っていると語っています。しかしながら、供給過多によって価格が下がった際にマニトバ・ハーベスト社が影響を受ける可能性は、今尚あります。

関係者によると、カナダがヘンプ規制環境を進展させ、ヘンプ製品の世界市場を手探りしている中で、タイ、台湾、日本、さらには中国をはじめとした他のアジア諸国はカナダ種子の潜在的な販路になりうるということです。

「オーストラリアとニュージーランドにおいてヘンプシードの流通が法律認められたことを受けて、これら2国がカナダ産種子ヘンプシードの強力な買い手になることが予測できます。将来的には、オーストラリア国内で生産することは可能ですが、カナダ国内生産者のようには上手くいかないでしょう。ヨーロッパもカナダのヘンプシードおよびヘンプ製品の将来的な買い手になることが見込まれます。」とカナダヘンプ貿易連合(CHTA)のラス・クロフォード代表は語ります。HEMPTODAY 2018年2月9日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる