MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

8月1~5日に中国ヘンプ産業視察ツアー2018を企画

8月1~5日に中国ヘンプ産業視察ツアー2018を企画

中国黒龍江省の広大なヘンプ農場

北海道旭川市に拠点を置く(一社)北海道ヘンプ協会では、過去に2015年にはフランス、2016年にオランダとドイツへとヘンプ産業の先進地への視察ツアーを企画している。3回目となる2018年は、中国の黒龍江省への視察ツアーを8月1日から5日まで4泊5日の企画を実施する予定である。

黒龍江省は、古くから漢麻(ヘンプ)の生産地であり、栽培面積が約2万ha、栽培加工や育種研究が盛んな地域であり、昨年に同省の禁止毒物条例を改正してヘンプの普及に関する政策的な支援を本格化し、300人規模の漢麻国際会議を開催するなど、省を挙げてヘンプ産業を振興している。

訪問先は、黒龍江省人民政府への表敬訪問、省科学院のヘンプ研究現場の視察、中国のヘンプバレーと呼ばれるヘンプ産業集積基地のある地域などを予定している。募集人数は、24名限定で、すでに参加を表明している北海道道議会の議員、北海道産業用大麻可能性検討委員、北海道ヘンプ協会会員を除くと残り15名の参加募集となっている

募集要項によると参加費は、渡航費、宿泊費、食事込みで約16万円と視察ツアーにしては高くない金額である。

北海道ヘンプ協会は、代表理事の菊地治己氏が2年前の同会議で招聘講演を行って以来、黒龍江省科学院と交流を続けきた。菊地氏は、「あまり知られていないが、北海道と黒龍江省は30年以上前からの友好姉妹州であり、旭川市とハルビン市は姉妹都市という関係がある。ヘンプ産業に興味のある人はもちろん、国際交流に興味のある人も参加してほしい」と語る。

中国のヘンプ産業の現場や日本には見られない広大なヘンプ畑を見るのに絶好の機会となるであろう。応募は、同協会のホームページのお問い合わせ先からできる。

北海道ヘンプ協会 2018年4月9日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

2011年ヘンプカー・プロジェクト北海道の実行委員長。

2012年2月 北海道産業用大麻(ヘンプ)普及推進ネットワーク(北海道ヘンプネット)の設立を呼び掛け。2014年8月 法人化して一般社団法人北海道ヘンプ協会の代表理事。

「ヘンプを北海道の基幹作物に!目標面積は全道で20,000ha」という明確なビジョンを掲げ、2013年に発足した社団法人北海道ヘンプ協会の代表理事を務める。

2011年3月 上川農業試験場を退職。これまで、産業化に必要な法的整備を国や国会、道庁、道議会へ訴える要請活動や、ヘンプの正しい情報を取集し広める活動、一時加工会社(茎から繊維やオガラを生産し販売)の設立サポート、ヘンプの大規模機械化栽培に必須な’海外ヘンプの品種の導入に取り組まれている。

国内には法人、個人で70名の会員がおり、2014年からEIHA(ヨーロッパ産業用ヘンプ協会)の日本で唯一の準会員である。毎年6月にドイツで開催されるEIHAの国際会議に参加し、業界のビジネスリーダー達との情報交換、コネクションなど、あらゆるヘンプ業界の大御所達との繋がりを深く持たれている。

目次
閉じる