MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

アルゼンチンの法案通過が5億ドル市場を拓くか?

画像

今月、アルゼンチンの Matias Kulfas 開発大臣は、ヘンプ産業を拡大する契機となる法案を提出し「アルゼンチンの医療大麻とヘンプ産業は、年間10,000人の新規雇用、5億ドルの国内売上高、5億ドルの輸出を生み出す可能性がある」と述べました。

 

Kulfas 大臣は、学者や立法者、セクター代表者、および知事らのグループに対し、法案について「連邦経済に大きな影響を与えるスタートアップ・シナリオになるだろう」と語りました。

 

同氏は、「農業生産の世界的リーダーとしてのアルゼンチンの地位、その科学的研究の専門知識、研究所の構造、およびサプライヤーの幅広いネットワークにより、我が国は潜在的な医療大麻およびヘンプ大国である」と述べました。

目次

投資の波を期待

アルゼンチンでは、2017年以来、半運用中の医療大麻法があり、その規則は2020年11月にリリースされたばかりですが、これにより、輸入拡大の準備が整いました。今回提出された、医療大麻とヘンプの生産に関する法案が法制化された場合、アルゼンチン向け輸出企業は、同国内のヘンプ企業との競争を余儀なくされます。また、この法律の制定が、4500万人の消費者を抱えるアルゼンチンの市場で大麻セクターへの投資の波を引き起こすことは確実とみられます。

 

Kulfas大臣は、この法案は医療大麻へのより良いアクセスを保証し、アルゼンチンに新しいバリューチェーンを確立することによって経済発展を後押しするとの見解を示し、また大麻は、縮小するタバコ部門の代替品として機能し、技術と製品開発の革新につながる可能性があると大臣は述べました。

アルゼンチンもTHC基準値1%へ

政府の農業委員会と協力して、アルゼンチンの大麻法を作り上げて来た大麻活動家の1人である Diego Bertone 氏は「重要なのは、この法案が産業用大麻のTHC制限を1.0%に設定するという以前の提案を保持している事です」と言います。

 

1.0%THC制限を設定すると、アルゼンチンは、長い間国際的に通用して来たTHC0.3%基準を放棄している国々と足並みを揃える事になります。 大麻草中のCBD量は、THC濃度に比例して上昇するため、この制限は主にCBDセクターにとって重要であり、より効率的なCBD生産を意味します。

 

ウルグアイ、エクアドル、コロンビア、メキシコを含む他のラテンアメリカ諸国は、アジア数カ国と同様に、1.0%THC基準を選択しています。

慎重な楽観主義

Bertone 氏は、この法案が最終的に通過することを「期待している」と述べましたが 「私たちは、まだ祝うことはありません。畑に入って種をまき、収穫できるようになるまで、それを本当に信じることはありません。」と付け加えました。

 

この法案は、大麻とヘンプの生産チェーン全体を規制、管理、監督する機関である「ARICCAME」の設立を提案しており、この機関が、生産および商業化のためのライセンスを付与および管理を行う予定です。

ドアを開ける

この法案の下では、中小企業、協同組合、地域経済に特別な集中し、社会の大麻への段階的な適応のために市民社会組織に特別な支援が提供されます。

 

「アルゼンチンは、この規制を競争上の優位性を担保するものにする必要があります。私たちのセクターは国の戦略的資産になることができます。このプロジェクトは、それを実現するための扉となる可能性があります。」と、アルゼンチン大麻商工会議所である Argen Cannの Pablo Fazio 会長は述べています。

 

引用元:https://hemptoday.net/passage-of-law-in-argentina-could-spark-500-million-market/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

HTJ編集部ライター NORI

海と自然をこよなく愛するヘンプオタク。
ヘンプの素晴らしさを多くの人に知ってもらう為、HTJにライターとして参画。
不動産業界、福祉業界、オーガニック業界などでキャリアを積み、現在はフリーランスとして活動中。

健康への関心が高く、以前はヴィーガンで、現在はペスコベジタリアン。

趣味はサーフィン、WAVEウィンドサーフィン、スノーボードなどのExtremeスポーツと、海外ドラマの深夜イッキ見。

目次
閉じる