MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

米国ヘンプ建材メーカーが断熱材工場を建設へ

画像

目次

20,000平方フィートの工場で HempWoolを生産へ

米国のヘンプ建材メーカーの Hempitecture Inc. は、同社が位置するアイダホ州南部のマジック・バレーにヘンプ繊維ベースの断熱材を製造するため 20,000 平方フィートの新しい生産施設の建設を計画していると発表しました。

2022 年 5 月までに稼働する予定のこの工場は、一般住宅および商業建設プロジェクト向けの、持続可能で高性能な繊維断熱材 HempWool を生産します。 Hempitecture社は、独自のテキスタイル技術によって製造された HempWool 断熱材に関する米国特許を取得しています。

研究助成金

サンバレーを拠点とする Hempitecture社は、アイダホ大学とパートナーシップを結び、ヘンプ建材の研究を行っており、アイダホ・グローバル・アントレプレナー・ミッション (IGEM) からの 200,000 ドルの助成金の支援を受けています。IGEM は、同州の南部中央にある8つの郡で構成されるマジック・バレーの公共部門と民間部門の合弁事業です。

アイダホ州商務省のトム・キーリー局長は「ヘンピテクチャー社の拡大は、マジック・バレーに高給の雇用、チャンス、そしてイノベーションをもたらします」と、語りました。

戦略的立地

Hempitecture社の創設者である Matthew Mead CEO は、アイダホ州の農業地域は、同社のビジネスに適した場所にあると言います。

「州道84号線に沿って戦略的に位置するマジック・バレーにより、ロッキー山脈、太平洋岸北西部、西海岸のターゲット市場に簡単に手が届くようになります」とミード氏は述べました。

Hempitecture社は、工場建設に向けて株式による資金調達に乗り出しました。 Hempitecture はプレス リリースで、「レギュレーション・クラウドファンディングの下で​​株式に対する投資家の関心度を探るため、状況をテストしています」と述べています。この特定のタイプのクラウドファンディングにより、企業は株式または転換社債をオンラインで一般に販売することで、年間最大 500 万ドルを調達できます。

南アイダホ経済開発のエグゼクティブ ディレクターである、コニー・ストッパーはヘンピテクチャー社の発表について「持続可能性、農業技術、イノベーションの組み合わせにより、このプロジェクトは南アイダホの素晴らしい新産業になります。」と、述べました。

画像

 

引用元:https://hemptoday.net/u-s-hemp-building-materials-maker-plans-factory-to-make-insulation/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

目次
閉じる