南オーストラリア州は、ヘンプから年間300万ドルを想定

南オーストラリア州は、ヘンプから年間300万ドルを想定

ヘンプは南オーストラリア州に年間300万ドルの恩恵をもたらす、とティム・ウェッツトン第1次産業大臣及び地域開発大臣が、州での試験栽培プロジェクト調査に基づき述べました

「現在の予想に基づけば、5年以内に南オーストラリアで拡大するヘンプ産業は年間300万ドルの出荷価値となると予測されています。」とウェッツトンは述べ、農家にライセンス供与を許可した州政府の決定を称賛しました。

大臣が試験場を見学

ウェッツトン大臣2つのヘンプ・プロジェクトを見学しました。1つはカイビーボライト自治体にあり、2つ目南オーストラリア州のリバーランド地区にあるロクストンの北へ3時間離れたところにある施設ですここでは、研究者はヘンプの栽培と収穫に関する要因を調べています。これらの試験は南オーストラリア州で初めてのものです

南オーストラリア研究開発院 (SARDI) とともにプロジェクトを率いるマーク・スキューズによると、同様の研究が2つのサイトで、わずかに違う条件で行われています。研究は主に農家が最大の収穫量を最大に得るための播種時期を理解し、全草収穫に関する指標を得ることが目的です。

研究の進捗

アデレード大学のチームが穀物の栄養価を調べており、オーストラリア連邦科学産業研究機構 (CSIRO) は、穀物内の繊維量を研究しています。

ヘンプは、昨年までは違法でたが、プロジェクトで人間が消費するためにも栽培されています。

オーストラリア、ニュージーランド、食品市場を開放

予備研究の結果は、2つのサイトで栽培された植物間のサイズの違いを示しました。スキューズ、この結果はカイビーボライトのサイトのより密な土壌によるものであると述べ、ロクストンのサイトでは、より穏やかな気候が、より大きい植物をもたらした、と付け加えました。両サイトは定期的に灌漑されています。

HEMP TODAY 2018年5月1日)

まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON