MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

SHIV創設者、「Deep Green」の教授陣に参加

SHIV創設者、「Deep Green」の教授陣に参加

Dhiraj K. Shah、 Shah Hemp Inno-Venturesの創設者

ネパールのShah Hemp Inno-Ventures (SHIV)創設者であるDhiraj K. Shah氏が、ポーランドに拠点を置くヘンプトゥデイセンターで進行中の、ヘンプと石灰での建築コースおよび建築プロジェクトであるDeep Green Buildingの常任教授陣に加わりました。

Shah氏はSHIVの創設者であり「野生作物」(野生で、何度も収穫できる植物)である、地域のネパール人から収集された麻を、建築、健康と美容、織物関係の製品その他へと応用の幅を広げています。また、SHIVは様々なヘンプグッズの製作やマイクロ加工のための技術も開発してます。

Deep Green Building の初活動は2018年2月22日から24日に企画されており、ベルギーのWolf Jordan社のWolf Jordan氏およびポーランドのPodlaskie KonopiePiotr社のJastrębski氏の指導のもと行われます。講義は開催日3日間、午前中に開催される予定であり、午後は内壁の制作と歴史的建造物保存の企画にあてられることになります。

Shah氏はDeep Green Building 常任教授として、リストに加わります。このリストにはInternational Hemp Building Association (IHBA)のSteve Allin氏、スペインCannabricのMonika Brummer氏、アメリカHighland Hemp HouseのPamela Bosch氏、同じくアメリカのTiny Hemp HousesのJohn Patterson氏、およびウクライナのSergiy Kovalenkov氏の名もあります。

ヘンプトゥデイの拠点として使われている18世紀の建造物であるThe Palace at Nakłoの屋根裏にある学生用客室を作る企画の一環として、Jordan氏とJastrębski氏は2月に初の講義を行い、参加者は講義を受けて内壁を制作することになります。

以降の講座は、他の常任教授陣が2、3名ずつのチームで持ち回りで務める予定です。

2月のイベントでは15席が残っていますが、参加者枠は25に制限されており、すでにトルコ、アメリカ、南アフリカ、ドイツ、ポーランド、フィンランドからの代表者が初回コースに登録しています。

(Deep Green Building参加へ応募)

SHIV創設者、「Deep Green」の教授陣に参加

Deep Green Building の参加者はヘンプトゥデイセンターの屋根裏部分にある学生用客室の壁の制作を手伝うHEMPTODAY 2017年11月11日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる