Hemp Today Japanの記事を読むための初心者向け用語集

和名アサ(麻、学名Cannabis sativa L.)

アサ科アサ属で大麻草(たいまそう)とも呼ばれる雌雄異株の一年生の草本で、中央アジア原産とされ、日本には、縄文時代に渡来したらしい。英名は、hemp またはcannabis といい、繊維用、食用、薬用として古くから世界中で栽培されてきました。なお、cannabisの日本語標記でカンナビスが多く見受けられますが、カナビスが比較的原音に近い標記のようです。

ヘンプ Hemp

食用や繊維を採る産業用のための大麻草のことです。THC成分が0.3%未満の品種。産業用大麻(Industrial hemp)とも呼ばれています。

カナビス Cannabis

医療用や嗜好用のための大麻草のことです。学名:Cannabis sativa L.(カンナビス・サティバ・エル)が由来です。”カナビス産業”という場合、医療用と嗜好用を含めた分野のことをいいます。

マリファナ Marijuana

元はメキシコ由来のマリファナ煙草のこと。大麻草の花序や葉を乾燥させてタバコのように喫煙します。

大麻 Taima

広辞苑の定義では、次の4つの意味が紹介されています。

(1)伊勢神宮および諸社から授与するお札

(2)幣ぬさの尊敬語。おおぬさ

(3)麻の別称

(4)アサから製した麻薬

麻(あさ) Hemp

広辞苑によると次の3つの意味が紹介されています。

(1) (ア) 大麻(タイマ)・苧麻(カラムシ)・黄麻・亜麻・マニラ麻などの総称。また、これらの原料から生成した繊維
(イ) アサ科の一年草。中央アジア原産とされる繊維作物。大麻草

(2) 麻布の略

医療用大麻・嗜好用大麻・産業用大麻 Medical cannabis, Marijuana, Industrial hemp

大麻草を用途別に分類した表現。医療用というと特別なものと思われがちですが、医療用も嗜好用も同じ大麻草の有効成分を活用します。目的が違うだけです。

カンナビノイド Cannabinoid

大麻草に含まれる121種類ある生理活性物質の総称です。合成カンナビノイドや内因性カンナビノイドと区別するために“植物性カンナビノイド”と表記することがあります。代表的なカンナビノイドにTHCとCBDがあります。

THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール) Tetrahydrocannabinol

マリファナの主成分で、陶酔感や多幸感などの向精神作用をもたらします。いわゆる“ハイ”になります。

CBD(カンナビジオール) Cannabidiol

向精神作用をもたらさないカンナビノイドの1種。様々な薬効が期待されています。

ヘンプオイル Hemp oil

ヘンプの種子から採れる油。ヘンプシードオイル、アサ種子油とも呼ばれています。

日本の大麻取締法 Cannabis Control Act

我が国で大麻は、昭和5年(1930年)に施行された旧麻薬取締規則において、印度大麻草が≪麻薬≫として規制されてきました。第二次世界大戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)により印度大麻草と国内の大麻草は同一だと指摘を受け、一旦は、大麻草の栽培等の全面禁止が命じられました。

ところが、当時の漁網や縄などの生活資材に必要不可欠であり、国内の農家を保護するために大麻取締法(昭和23年7月10日制定、法律第124号)を制定しました。

医師の取り扱う麻薬は、麻薬取締法(昭和23年7月10日制定、法律第123号)となり、農家が扱う大麻は、大麻取締法の管轄となったのです。

その後、化学繊維の普及と生活様式の変化により、大麻繊維の需要が激減し、1950年代に3万人いた栽培者が1970年代に1000人まで激減しました。欧米のヒッピー文化が流入し、マリファナ事犯が1970年代に1000人を超えると、それらを取り締まるための法律へと性格が変わったのです。

戦後、70年間で農家保護のための法律から、マリファナ規制のための法律へと変貌しました。

2016年の時点で、全国作付面積7.9ha、大麻栽培者34名、大麻研究者400名います。

この法律では、大麻植物の花と葉が規制対象であり、茎(繊維)と種子は、取締の対象外です。栽培するには、都道府県知事の免許が必要ですが、大麻事犯の増加傾向の中、新規の栽培免許はほとんど交付されていません。

また、医療用大麻については、医師が施用することも、患者が交付を受けることも両方で禁止されています。

大麻取締法の条文
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000124

ページトップへ