Elixinol Global 社、日本事業の持ち株比率を拡大

Elixinol Global Ltd.は、事業再編後、子会社Elixinol Japanの持分を35%から50.5%に引き上げました。

同社は、Elixinolの1420万豪ドル(10.2百万米ドル)の預金から、追加の株式に対して220万豪ドル(160万米ドル)を支払ったと発表しました。

Elixinol Japanは、2018年前半に600,000豪ドル(433,000米ドル)の収益を上げ、早々に損益分岐点を超えています。

流通拡大を図りたい

Elixinol GlobalのCEO、Paul Benhaim氏は、「日本は健康意識の高い市場であり、CBDや食品といったヘンプ由来製品の栄養と健康上の利点を急速に認識し始めている」と語り、また、日本国内の流通関係者との建設的な対話が進んでいる事を認めた上で、そのうち数社がElixinol製品をより多くのメジャーな流通に乗せることを提案していると述べました。これまで同社の製品は、ハイエンドな小売店での限定的な流通しかありませんでした。同氏はまた、日本の規制対応は市場の成長を支えるべきだと述べました。

Elixinol JapanのCEO、松丸誠氏は「この投資により、当社は市場をさらに成長させ、且つ、日本市場でのNo.1ヘンプ由来製品サプライヤーとしての評判を保つことができるのです」と述べました。(

関連記事:

  1. ヘンプトゥデイが日本語版を開始
  2. カナダ企業がスイスのCBD事業買収へ
  3. エリクシノール社が、日本初の屋外広告を掲示
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON