アジア初のヘンプ・サミットが来年2月にカトマンズで開催

初めてのアジア・ヘンプ・サミットが来年、ネパールのカトマンズで開催される予定です。このサミットは、アジア大陸における産業ヘンプの大きな可能性を模索するものとなります。ネパールに拠点を置くShir Hemp InnoVentures (SHIV)とヘンプトゥデイ、チェコ共和国のHempoint、アジアで初となるこのイベントの主催者です。サミットは2019年2月1日~2日にカトマンズにあるゴカルナフォレストリゾートで開催されます。

この会議サインアップが今月からスタートしました。このイベントでは、主に中国、インド、ネパール、韓国、タイ、モンゴル、日本のマーケットに焦点を絞り、規制機関、政治家、開発官庁、民間のヘンプ愛好家、環境団体、小売業者、消費者など、アジア諸国のすべての関係者に参加を呼びかけています。

 

投資チャンス

「世界で活躍する投資家にとって大きなチャンスです – CBDや食品、化粧品、生分解性プラスティックなど各ヘンプ部門および関連部門においてアジア全土投資が必要です」と、2014年に妻のニヴェディタと共にSHIVを創設したコンサルタントであるディラジ・K・シャーは語りました。「アジア大陸では国境を超えてさまざまなことが起こり得ます。アジア諸国では、根強い交易の伝統があり、また輸出入の取り決めが確立されているからです。」

 

ワールドクラスの講演者たち

 

アジア・ヘンプ・サミットの講演者が暫定的に決定しています:

  • アナール・アルトゥール、ヘンプモンゴリア最高経営責任者(CEO)
  • リキ・ヒロイ、Each Japan
  • ニヴェティタ&ディラジ・シャー、SHIV、ネパール
  • スティーヴ・アリン、国際ヘンプ・ビルディング協会
  • ポール・ベンハイム、エリクシノール・グループ株式会社、オーストラリア
  • ダニエル・クルーズ、ヘンプコンサルタントGmbH、ドイツ
  • ハナ・ガブリエロヴァ、ヘンポイント、チェコ共和国
  • ハイレ・セラシエ・テファリ、ヘンプサービスインターナショナル、フランス
  • ネ・ヴェルホフ、ヘンプハブ、南アフリカ
  • モーリス・ビーグル、WAFBA & NoCo Hemp Expo、米国
  • リック・トロージャン、ヘンプロードトリップ、米国。

早期サインアップは2018年10月12日までで、料金は466ドルそれ以降の登録は672ドル。参加料金宿泊(施設)料金含まれません。

現在サミット主催者はスポンサーおよび追加講演者の申し込み受け付けています。

(HEMPTODAY 2018年7月11日

関連記事:

  1. モンゴルの使命:アジアの“ヘンプ回廊”を描く
まだコメントはありません

コメント投稿は閉鎖中

 

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON