欧州の困難な仕事: CBD, THCに関する明瞭性の欠如

EUROPEAN HEMP欧州の大麻
(4部構成のうちの第1部)

続き:

6月28日, 木曜日: THC(テトラヒドロカンナビノール)をめぐるヨーロッパでの大論争: 前に進むか、取り残されるか

7月2日, 月曜日: 大麻利用を遅らせるための欧州の無益な取り組み

7月5日, 木曜日: CBD、スタートアップ、技術に関する助言への大きな需要

今年夏、欧州連合の当局が今年初めに突きつけた難題に、ヨーロッパ大陸のヘンプ食品製造者たちは頭を悩まています。

EUの新規食品指導 (Novel Foods Directive) の下でのCBDの取り扱い方の変更について発表がなかったのです。最終的に、その変更については一部の製造者が気づきました。これは、すでに混乱している部門にさらなる混乱を引き起こすことになります。

記事の続きを閲覧するにはログインする必要があります。

ログインしてください。会員でない場合、ぜひご登録ください。

( HEMPTODAY 2018年6月26日)

Via:
Tags: THC
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

 

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON