「ショコ&グラス」バーがヘンプの注目度を上げる

「ショコ&グラス」バーがヘンプの注目度を上げる

ドイツの菓子製造会社アルフレッド・リッター社は、先週の世界マリファナ・デー(4月20日)に因んだ期間限定商品「ショコ&グラス(チョコ&マリファナ)」バーを、同社リッタースポーツ・ブランドで製造しました。

リッター社は「コレクターズ・エディション版」の正方形のチョコレートを製造し、オンライン販売や、ベルリンや本社所在地ヴァルデンブーフにあるリッターブランドの小売り直販店での販売で提供しました。

「これは、ヘンプの食品としての将来性を理解目を開いた大手企業による素晴らしい先例となるでしょう」と、デュッセルドルフにあるヘンプロ・インターナショナル社のダニエル・クルースCEOは語りました。同社は「ショコ&グラス」バーの原料として、脱穀してローストした有機ヘンプシードを供給しました。

今回のプロモーション活動をソーシャルメディアで宣伝したハンブルグの代理店Elbkind社によれば、この試みは、チョコレートに入れたヘンプシードを「スーパーフード」として宣伝するだけでなく、「ヘンプについての先入観のない議論」に火をつけることを意図しているとのことです。

消費者が新製品のアイデアを提案できるオンラインツールを備えたリッター社には、ヘンプシードをお菓子に取り入れる提案がたくさん寄せられているとのことです。

HEMP TODAY 2018年4月28日

関連記事:

  1. カナダ企業、合衆国当局からの「GRAS」指定を求める
  2. ポーランドでローカルなバリューチェーンに取り組む
  3. 「Butik」がヘンプを用いたライフスタイルをポーランドに提供
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON