マラウィのヘンプ活動家、大統領選出馬を示唆

ヘンプ活動家のRas Chikomeni Chirwa来年のマラウィ大統領選に独立候補として出馬を検討している述べました。ナイヤビンギラスタファリアン派の長老であるChirwaが大統領の座を獲得する可能性は低いと見られますですが、彼の参戦は東南アフリカの人口1800万人の小国におけるヘンプの認知度を高める一助になるかもしれません。マラウィ大統領選に*ラスタファリアンが出馬するのは今回が初めて事です

*編集局注:ラスタファリアンとは、ラスタと呼ばれる宗教と、それに基づく生活様式を実践する人の事。大麻を宗教上神聖なものとして扱っている。

他のアフリカ諸国の政府同様、マラウィは世界銀行やアメリカ合衆国国際開発庁などの出資者からの国際援助に大きく依存しているため、未だに続くヘンプとマリファナの混同はより広範な発展の妨げになるかもしれません可能性があります。マラウィ政府関係者はもし国がヘンプ産業発展に完全に乗り出した場合それらの資金がストップされるのではないかと恐れています。マラウィにはこれまで産業用ヘンプとマリファナを一緒に扱ってきた歴史があります。

マラウィのヘンプ活動家は、産業が前進すれば干ばつやタバコ生産の下降減少により打撃を受けている同国の下降経済を助けることができるかもしれないと話しています。

HEMPTODAY  2018年4月9日)

関連記事:

  1. 南アフリカの大麻が声を上げる
  2. NoCoヘンプ・エキスポにおける南アフリカ共和国、オーストラリア、モンゴルの業界関係者
  3. CBD業界は「道路の凸凹に気をつけろ」
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

 

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON