チェコのヘンプクラフトビールが巣立つ

醸造パートナー、Robert Maglen と Jan Srb

 

チェコのヘンプビールブランド Kanar (“カナリヤ”) のオーナーによると、チェコ共和国北部に位置するボヘミア小さな街クラスナリパのクラフトビール醸造所Falkenštejnブルワリーの製造能力拡大に伴い、彼らのビールは来年ますます高く舞い上がると語ります

 

パートナーのJan SrbとRobert Maglenによると、同醸造所の製造能力拡大により、現在の全体年間醸造量35万ℓのうち10万ℓをヘンプビール製造に割り当てられるようになったと言います

 

ヒップスター*流行に敏感な人達 がターゲット

 

KanarはFalkenštejnブルワリー敷地内の自社パブを含む地元のパブなどで3年間少量にて製造・販売してきましたが、このたび販路拡大とプロモーションを始めます。ヒップスター市場やオーガニックショップ、ヴィーガン・ベジタリアン飲食店をターゲットしている、と同社のマーケティングを担当するMaglenは語ります

 

グラフィックデザイナーであるMaglen地元のパブに出かけた際Kanarと出会い、ブランドアイデンティティが欠如していると気づいたところに、共通の友人を通じてSrbと出会いました。「グラフィックは絶対テコ入れが必要だと思った」とMaglenは言います。その友人は彼を、ちょうど自社のグラフィックデザイナーを解雇したばかりだったSrbに紹介し、パートナーシップが誕生しました。

 

Cannafestにてトップビールの座を2回獲得

 

「Kanarは我々の子供も同然なので、品質にはとてもこだわっています」と同社のビジネス・ファイナンスマネージャーを務めるSrbは語りますちょうど先月、毎年プラハで11月に行われるCannafest2017大麻博覧会が開催され、Kannarがベストヘンプビールの座を獲得したところを見るとそのこだわりは成功しているようで。Srbはヘンプビールは市場に10ブランドほど存在すると見ています。同社はKanarブランドがデビューした2015年にもCannafestの賞を受賞しています

 

「当社の醸造主任がヘンプにとても興味を持っていて、非常にオリジナルなレシピを開発したのです」とSrbは言います

 

Kanarビールのヘンプはチェコ・イフラバのヘンポイント社の完全オーガニックのペレットとヘンプの花から製造されています。ビールはヘンプ60%とホップ40%で、樽ではなくボトルにすることで販売価格を抑えることができたとSrbは語りました。(HEMPTODAY 2017年11月28日)

まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.