遺伝子解析が大麻にまつわるデタラメを解明する一助に

遺伝子解析が大麻にまつわるデタラメを解明する一助に

アメリカ・コロラドのサンライズジェネティックス社は、大麻ゲノム(遺伝子)の初の完全配列を公開しました − これは健康・医療製品や食品、衣料、断熱材、建築用ヘンプクリート等の先進的原料開発のための産業用大麻の品種改良につながる進歩で

このプロジェクトを進めるコロラドのフォートコリンズ社CEOのCJシュワルツが、今月アメリカで開催された第26植物および動物ゲノム会議で発表しました。シュワルツによると、このブレイクスルーにより大麻に関して過去に標榜されてきたことがらに関してもいくらか解明されると言います

デタラメを解明する

「これは実際、いわば多くのデタラメを解き明かすための方法なのです」とシュワルツはブルームバーグに話しました。「過剰な効能標榜がなされてしまい、大麻やそれが持つ可能性、そしてそれを取り巻く科学にとって、かえってマイナスをもたらしているのです」大麻の発展は、はるか昔に大手農業企業によりトウモロコシや麦、タバコが辿ってきた道をそのままなぞっています

遺伝子解析により品種の安定性テストが容易になり品種改良をスピードアップさせると開発者は言います

コロラドにおけるパートナー企業

サンライズ社は本プロジェクトにおいてコロラド州ボルダーのファンクショナルレメディーズ社と提携し、同社から品種改良プログラムの植物、およびゲノムマップの微調整のために極めて重要なデータの提供を受けました。ファンクショナルレメディーズ社はプロジェクト資金も提供し、植物知的所有権保護の開発にも協力しました。

サンライズ社との長期にわたる関係構築によりファンクショナルレメディーズ社は同社の品種改良プログラムを開発することができ、植物を改良することができた、と社長のティム・ゴードンは言います。この提携関係について、「我々の品種改良の取り組みの成果が初の大麻草の全ゲノムのマッピングに貢献することができたことにこの上ない喜びを感じている」と話しました

HEMPTODAY 2018年1月24日)

  1. 南アフリカの大麻が声を上げる
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON