アメリカの企業が生地繊維についての契約を締結

ロサンゼルスに本社があるアパレルメーカーRecreator社とネブラスカ州オマハにあるBastcore社はヘンプ繊維の供給について契約を締結しました。Bastocore社はヘンプ原料を購入して、ヘンプ生地や麻合成製品及びエネルギー製品の素材となる繊維製品を製造しています


その原料はミネソタ州やコロラド州、ケンタッキー州の農場から購入しており、さらに麻の生産をはじめたノースカロライナ州やニューヨーク州の農場から購入する計画もあるといいます

 

Recreator社は環境に優しいファッションを提案しており、Bestcore社の繊維でTシャツや他の衣類製品を製作する予定です

 

プレスリリースでRecreator社のCEOマット・マックレインこう述べています。「このパートナーシップによって遠隔地域での天然繊維製品への再投資がすすむものと期待しています。当社の高品質アパレルラインナップにBastcore社のアメリカ製ヘンプ繊維を投入することで、Rcreatorの困難にも負けない大きな潜在力を見せられたと思います。」

 

また、Bastocore社のCEOジョン・ルピアンはこう言います
「この繊維の供給契約はアメリカのヘンプ工業界において、とりわけ2014年の農業法成立以来のアメリカ製ヘンプ生地において、歴史的意味を持つでしょう。」

(HEMPTODAY 2017年10月14日)

関連記事:

  1. 米国、中国企業がヘンプ加工処理で協力
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.