Facebook がポーランドの大手ヘンプ企業を禁止に

Facebook がポーランドの大手ヘンプ企業を禁止に

ポーランドの大手ヘンプ企業HemPolandg弁明するチャンスを全く与えられずFacebookのページをブロックされた、と先週末HempTodayに語りました

HemPolandの創設者マチェイ・コワルスキーは「ポーランドのすべての大麻関連企業過去に広告を拒否された経験を持っているが、しかし最低でも説明の機会はあった」と話しました。HemPolandは垂直統合されたヘンプ企業で、地元の農家とヘンプの栽培契約を結んでおり、それにより食品や健康製品を製造しています

「過去に私たちの主張が受け入れられなかった場合でも、少なくとも誰かが聞く耳を持ってくている感じがあった」とコワルスキーはFacebookの禁止について語りました。Facebookは明らかにポーランド語で大麻を意味する言葉「konopie(コノピー)」の使用を禁じています会社同社過去に警告を受けた事も苦情を受けたこともなかった言います。彼は、Facebook通知スクリプトの「アピール」のメカニズムは説明の機会や、Facebook側と対話を開始する可能性を提供してくれなかったと語りました。

Facebook、Google絡みの広範な問題

ポーランドのこの一件は、世界的に産業大麻業界がソーシャルメディアサイトで直面する広範な問題を反映しています。特にGoogleとFacebookといった最も強力なソーシャルエンジン2社は共に、広告に「ヘンプ」という言葉を使用することに関し、それぞれ独自の全く統一性のないポリシーを掲げています。Facebookの規約がその国の言語レベルで解釈される場合、混乱はさらに深まります。アメリカのヘンプ企業時折Facebookにブロックされると話していますが、今のところ、その大部分は弁明に成功しています

ポーランド中北部のエルブロンクにあるHemPolandは、主にCBD(カンナビジオール)製品のCannabiGoldを主に製造し、すぐにヨーロッパ8カ国に流通資産を構築しました。同社はまた、アメリカCBDをバルク販売しています。それでも、ポーランド国内でポーランド語によって積極的に市場を開拓する能力は、会社にとって急成長を維持するための根幹を成すものだ、とコワルスキー氏は語りました

HEMPTODAY 2017年10月30日

関連記事:

  1. ポーランドの研究所が420万ドル規模の大麻関連プロジェクトを実施へ
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON